フリーエンジニアという働き方をクローズアップ!収入ランキングやエージェント活用ポイントまで!

ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス

新着記事

特集記事

ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス

プログラマやSEなど、IT系エンジニアにとって、日本の企業体質はフィットしづらいかもしれない。そう思っています。終身雇用の歴史はすでに終焉を迎えたものの、縦割組織と年功序列は古くから今も根付く日本の企業文化です。年功序列制度に身をおきながら、地道な昇給を待ち、窮屈な組織の中でこぢんまりと年齢を重ねるのもひとつの生き方。とはいえ、個人によるスキル差と生産性が激しく異なるエンジニアという職種において、それが本当に最善かどうかは、疑問。エージェントを介してスキルに応じた報酬を得ながら、もっと自由に力を発揮した方が、エンジニアにとって有意義なのでは?そんな独断と偏見を書き連ねる、フリーエンジニア推奨サイトです。

ベテランが独断と偏見で語るフリーエンジニア論

ベテランが独断と偏見で語るフリーエンジニア論 どんなに使えないエンジニアでも、会社にいれば月々一定の給料がもらえて、健康保険や年金などの社会保障も確保できるし、社会的信用もあるので部屋を借りたりクレジットカードをつくるのにも特に困ることはないでしょう。それらの安定と引き換えに自由を奪われます。また、その会社がいつまでも安泰かどうかはわかりません。一方、フリーエンジニアになるということは、自分自身が社長になるということです。法人化するわけではなく、個人事業主として活動するのであっても、実質的に自分自身が社長であることには変わりません。全ての義務と責任を背負いますが、全てを自己判断できるという自由が手に入ります。先行きも自分次第です。 ベテランが独断と偏見で語るフリーエンジニア論の詳細を見る

フリーエンジニア高収入ランキング

フリーエンジニア高収入ランキング 先鋭的な企業でとがった実績をあげているエンジニアか、人脈やコネをフル活用してよほどうまいことやっているエンジニアでない限り、会社勤めである以上、収入の限度は見えているのが一般的です。下がっても上がっても、大体この程度。という範囲が見えるはずです。だからこそやる気も出ず、目の前のことを適当にこなせばいいやという悪循環につながる場合もあるでしょう。その点、フリーエンジニアであれば収入は自分次第。1,000万円以上、青天井で稼ぎ出すこともできる代わりに、無収入になる恐れもあります。とはいえ、フリーエンジニアの求人案件にも職種別におおよその相場があり、ひとりでできる仕事量にも限度はあります。 フリーエンジニア高収入ランキングの詳細を見る

フリーエンジニアのためのエージェント利用

フリーエンジニアのためのエージェント利用 「フリーエンジニアになったら営業力が大切」という意見はよく聞きます。その意見を全否定はしませんが、実際、エンジニアはその職業柄、営業に苦手意識を持つ人が多いのも特徴です。会社員時代に営業活動などしたことない人がほとんどでしょうから、営業が苦手と思うのが当然と言えば当然です。やってみたら得意だった、というエンジニアは別として、苦手なことに無理して取り組んでも無駄な労力に終わる場合が多いのも事実です。それならいっそ、苦手なことは得意な人に任せるのが賢い選択でしょう。営業が苦手なフリーエンジニアが、営業活動をまる投げできる相手がエージェントです。 フリーエンジニアのためのエージェント利用の詳細を見る

最近の記事

フリーエンジニアランキング1位:システムコンサルタント

システムコンサルタントという職業をご存知でしょうか。会社員としてこの職業につこうとすると狭き門かもしれません。逆にフリーエンジニアだからこそ稼げる職種とも言えるでしょう。フリーエンジニアの収入を職種別に独断でランキングすると、システムコンサルタントが堂々の1位です。幅広い知識とスキルを要する仕事ですが、信頼を積み重ねることでかなりの高収入を狙えます。また、今後そのニーズが増えることも期待できます。 詳しく読む

フリーエンジニアのための良いエージェントの探し方

フリーエンジニアがエージェント選びに失敗すると、法外な手数料をとられたり、希望と違う案件を押し付けられるなど、痛い目に合うこともあります。どんな業種であっても、悪質な業者は存在するものです。フリーエンジニアにとってエージェント選びはその後のフリーエンジニアライフに大きく影響する重要なポイントです。良いエージェントと危険なエージェントの見分け方を紹介します。ポイントをおさえて慎重に選びましょう。 詳しく読む

フリーエンジニアならレバテックフリーランス

フリーエンジニアにとって、エージェントは豊富な案件数を持ち、親身にサポートしてくれるのがベストです。ここでおすすめする「レバテックフリーランス」は、案件数はもちろん、案件の質も良いものがそろっています。さらに注目したいのは、そのサポート体制です。営業に限らず、フリーエンジニアが苦手とする分野全般において、きめ細やかなサポートをしてくれます。あらゆる面でフリーエンジニアの間で定評を得ているエージェントです。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーエンジニアに資格は必要か

フリーエンジニアでも会社員エンジニアでも、エンジニアになるための資格というものはありません。そういう意味では、フリーエンジニアにとって資格とは「必要不可欠」なものではありません。その一方で、ITエンジニアの資格が多数存在しているのも事実です。エンジニアにとって資格とは、自身のスキルを客観的に証明するために有効なツールとなります。フリーエンジニアが仕事を獲得する上で、資格を持っていることが有利に働くケースは少なくありません。 詳しく読む

フリーエンジニアランキング2位:システムエンジニア

フリーエンジニアの場合も、会社員同様、プログラマよりシステムエンジニアの方が収入は高めです。システムエンジニアという職種を基準に比較すると、会社員よりもフリーエンジニアの方が高い収入となっています。1,000万円の大台も現実味を帯びてぐっと近づいてきます。若いうちに早く高所得者になりたいなら、会社員でいるよりも、フリーのシステムエンジニアになるのが近道です。自身のスキルも相応に磨きあげる必要があるのは言わずもがなです。 詳しく読む

フリーエンジニアの営業はエージェントにお任せ

フリーエンジニアの場合、苦手な営業は、エージェントに任せるのが一番です。エンジニアとしての本業に専念できる上、精神的にも時間的にも余裕ができます。営業経験も営業スキルもないフリーエンジニアが、交通費その他の営業関連経費をかけて走り回ったところで、残念ながらそう簡単に仕事を獲得できるものではありません。フリーエンジニア専門エージェントなら多種多様な案件を個人では獲得しづらい好条件で揃えています。これを活用しない手はありません。 詳しく読む

このページの先頭へ

Copyright © 2015 ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス All Rights Reserved.