なぜ今、独立なのか?フリーエンジニアを推奨する理由を解説

ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス

新着記事

特集記事

フリーエンジニアになるべき理由

フリーエンジニアになるべき理由 昔から日本社会では、労働者たるもの就職した会社に一生尽くす所存で働くべきだという考え方が一般的でした。しかし、終身雇用制度の崩壊に伴い、労働市場が大きく様変わりしようとしています。海外で10年以上も前から普及している「フリーランス」というワークスタイルが日本でも急速に広がりつつあるのです。フリーランスとは、会社から独立して活動する個人事業主のことです。幼い頃から組織への従属性を教育されている日本人にとって、自ら企業を離れて仕事するという人生の選択肢に対して不安を感じる方は少なくないはずです。しかし、世のエンジニアにはフリーエンジニアとして活動する道を強く推奨します。理由は以下の通りです。

LINEで送る
Pocket

自分の身を守れるのは自分しかいない

他の業種と比べ、IT業界は非常に離職率が高いことで有名です。納期前になると想像を絶する忙しさになるため、体調を崩したり精神を病んでしまったりする方が少なくありません。サラリーマンは、常に会社の指示に従うことを求められる立場です。社員を駒として扱うようなブラック企業に長く在籍していたら、本当に会社と心中させられかねません。
その点、フリーとして活動すれば、自分を束縛していた会社の規則が一切なくなります。仕事のスケジュールもすべて自分で管理できるため、ビジネスとプライベートの時間をしっかり両立することができます。エンジニアとして長く活動したいなら、フリーの方が圧倒的に有利です。

自分のやりたいことを仕事にできる

エンジニアは非常に専門性の高い職種ですが、そのスキルを現場で発揮できる期間は意外に短いものです。ある程度の年齢になると、必然的に職場の管理者的ポジションに回されるからです。せっかく苦労して身につけたプログラミングのスキルを仕事に活かせないのは何とも切ない話です。それだったらいっそ独立して生涯現役のエンジニアでいたい、と考える方が増えても不思議はありません。自分の人生なのですから、真に自分の納得できる分野で勝負したいものです。

必ずしも実務スキルばかりが評価されるわけではない

フリーエンジニアとして活動するためには非常にすぐれたスキルが求められるのではないか、と懸念する方もいることでしょう。しかし、フリーエンジニアに必要なのは専門スキルよりも社会人としてのサービス精神です。
フリーランサーに仕事を依頼するクライアントの立場としては、提示金額で確実に仕事を遂行してもらえればそれ以上望むことはありません。言い換えれば、経費のかかる高慢なエンジニアより責任をもって仕事を請け負ってくれる真面目なエンジニアの方が魅力的な存在なのです。「自分に独立は無理だ」と最初から決め付けるのは実にもったいない話です。顧客を満足させたいという真心さえあれば、フリーエンジニアとして活動できるチャンスが広がります。

最近の記事

フリーエンジニアランキング1位:システムコンサルタント

システムコンサルタントという職業をご存知でしょうか。会社員としてこの職業につこうとすると狭き門かもしれません。逆にフリーエンジニアだからこそ稼げる職種とも言えるでしょう。フリーエンジニアの収入を職種別に独断でランキングすると、システムコンサルタントが堂々の1位です。幅広い知識とスキルを要する仕事ですが、信頼を積み重ねることでかなりの高収入を狙えます。また、今後そのニーズが増えることも期待できます。 詳しく読む

フリーエンジニアのための良いエージェントの探し方

フリーエンジニアがエージェント選びに失敗すると、法外な手数料をとられたり、希望と違う案件を押し付けられるなど、痛い目に合うこともあります。どんな業種であっても、悪質な業者は存在するものです。フリーエンジニアにとってエージェント選びはその後のフリーエンジニアライフに大きく影響する重要なポイントです。良いエージェントと危険なエージェントの見分け方を紹介します。ポイントをおさえて慎重に選びましょう。 詳しく読む

フリーエンジニアならレバテックフリーランス

フリーエンジニアにとって、エージェントは豊富な案件数を持ち、親身にサポートしてくれるのがベストです。ここでおすすめする「レバテックフリーランス」は、案件数はもちろん、案件の質も良いものがそろっています。さらに注目したいのは、そのサポート体制です。営業に限らず、フリーエンジニアが苦手とする分野全般において、きめ細やかなサポートをしてくれます。あらゆる面でフリーエンジニアの間で定評を得ているエージェントです。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーエンジニアに資格は必要か

フリーエンジニアでも会社員エンジニアでも、エンジニアになるための資格というものはありません。そういう意味では、フリーエンジニアにとって資格とは「必要不可欠」なものではありません。その一方で、ITエンジニアの資格が多数存在しているのも事実です。エンジニアにとって資格とは、自身のスキルを客観的に証明するために有効なツールとなります。フリーエンジニアが仕事を獲得する上で、資格を持っていることが有利に働くケースは少なくありません。 詳しく読む

フリーエンジニアランキング2位:システムエンジニア

フリーエンジニアの場合も、会社員同様、プログラマよりシステムエンジニアの方が収入は高めです。システムエンジニアという職種を基準に比較すると、会社員よりもフリーエンジニアの方が高い収入となっています。1,000万円の大台も現実味を帯びてぐっと近づいてきます。若いうちに早く高所得者になりたいなら、会社員でいるよりも、フリーのシステムエンジニアになるのが近道です。自身のスキルも相応に磨きあげる必要があるのは言わずもがなです。 詳しく読む

フリーエンジニアの営業はエージェントにお任せ

フリーエンジニアの場合、苦手な営業は、エージェントに任せるのが一番です。エンジニアとしての本業に専念できる上、精神的にも時間的にも余裕ができます。営業経験も営業スキルもないフリーエンジニアが、交通費その他の営業関連経費をかけて走り回ったところで、残念ながらそう簡単に仕事を獲得できるものではありません。フリーエンジニア専門エージェントなら多種多様な案件を個人では獲得しづらい好条件で揃えています。これを活用しない手はありません。 詳しく読む

このページの先頭へ

Copyright © 2015 ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス All Rights Reserved.