win-winの関係を築けてこそ、プロのフリーエンジニア!

ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス

新着記事

特集記事

プロとしてのフリーエンジニアを知る

プロとしてのフリーエンジニアを知る 近頃では、会社を離れて個人で活動しているエンジニアが少なくありません。フリーになれば、会社の規則に縛られることなく自分の好きなペースで働けるという魅力があります。現在会社勤めをしているエンジニアの方の中にも、いつかは独立してみたいと考えている方がいるのではないでしょうか。しかし、フリーエンジニアとして生計を立てるのは簡単な事ではありません。独立した後になってフリーランスの厳しさに直面し、頭を抱えてしまう方がいるのも実情です。そうなる前に、プロのフリーエンジニアとして活動し続けるための心構えを知っておきましょう。

LINEで送る
Pocket

信頼できるパートナーを見つけよう

一口にフリーエンジニアと言っても様々なワークスタイルが存在します。仕事部屋にこもってひたすら1人で作業している方もいれば、同業者のフリーエンジニアに声をかけてチームとして活動している方もいます。
どちらの働き方を選ぼうと個人の自由ですが、推奨するのは後者の道です。フリーエンジニアは、仕事探しから納品まですべての作業を自分で管理しなければならない立場です。はっきり言って、一人ですべてを請け負うのは非常に過酷です。営業活動を得意としている人、システム設計を得意としている人、プログラミングを得意としている人、得意分野を持っているフリーエンジニア同士が力を合わせれば、効率的にプロジェクトを進められます。フリーランサーは常に甚大なプレッシャーを抱えながら活動していかなければならない職種なので、仲間がいると何かと好都合です。

相手とwin-winの関係を構築しよう

クライアントから請け負った仕事をきちんとこなすのはプロとして最低条件です。しかし、ただ一方的に相手から言われたことを遂行するだけでは、会社に在籍していた頃と何ら変わりがありません。フリーエンジニアとして長く活動していくためには、相手だけでなく自分も満足できる間柄、すなわちwin-winの関係を築くことが大切です。仕事を依頼する側と請け負う側では、どうしても依頼する側の方が立場が上になりがちです。この関係を対等に持っていくためには、時には自分の意見を堂々と述べる度胸も必要です。強い独立心を持ちましょう。

自己キャリアを磨こう

独立するということは、自分自身を商品にするということを意味しています。高性能の家電がもてはやされるように、フリーエンジニアには常に自分自身のスキルを高める努力が求められます。クライアントから指示された仕事を漠然とこなすだけでなく、自分の目指したいビジョンを明確にし、キャリアを開発していくことが大切です。ひいてはその実績が新たなクライアントとの出会いをもたらし、年収アップに繋がっていくのです。

最近の記事

フリーエンジニアランキング1位:システムコンサルタント

システムコンサルタントという職業をご存知でしょうか。会社員としてこの職業につこうとすると狭き門かもしれません。逆にフリーエンジニアだからこそ稼げる職種とも言えるでしょう。フリーエンジニアの収入を職種別に独断でランキングすると、システムコンサルタントが堂々の1位です。幅広い知識とスキルを要する仕事ですが、信頼を積み重ねることでかなりの高収入を狙えます。また、今後そのニーズが増えることも期待できます。 詳しく読む

フリーエンジニアのための良いエージェントの探し方

フリーエンジニアがエージェント選びに失敗すると、法外な手数料をとられたり、希望と違う案件を押し付けられるなど、痛い目に合うこともあります。どんな業種であっても、悪質な業者は存在するものです。フリーエンジニアにとってエージェント選びはその後のフリーエンジニアライフに大きく影響する重要なポイントです。良いエージェントと危険なエージェントの見分け方を紹介します。ポイントをおさえて慎重に選びましょう。 詳しく読む

フリーエンジニアならレバテックフリーランス

フリーエンジニアにとって、エージェントは豊富な案件数を持ち、親身にサポートしてくれるのがベストです。ここでおすすめする「レバテックフリーランス」は、案件数はもちろん、案件の質も良いものがそろっています。さらに注目したいのは、そのサポート体制です。営業に限らず、フリーエンジニアが苦手とする分野全般において、きめ細やかなサポートをしてくれます。あらゆる面でフリーエンジニアの間で定評を得ているエージェントです。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーエンジニアに資格は必要か

フリーエンジニアでも会社員エンジニアでも、エンジニアになるための資格というものはありません。そういう意味では、フリーエンジニアにとって資格とは「必要不可欠」なものではありません。その一方で、ITエンジニアの資格が多数存在しているのも事実です。エンジニアにとって資格とは、自身のスキルを客観的に証明するために有効なツールとなります。フリーエンジニアが仕事を獲得する上で、資格を持っていることが有利に働くケースは少なくありません。 詳しく読む

フリーエンジニアランキング2位:システムエンジニア

フリーエンジニアの場合も、会社員同様、プログラマよりシステムエンジニアの方が収入は高めです。システムエンジニアという職種を基準に比較すると、会社員よりもフリーエンジニアの方が高い収入となっています。1,000万円の大台も現実味を帯びてぐっと近づいてきます。若いうちに早く高所得者になりたいなら、会社員でいるよりも、フリーのシステムエンジニアになるのが近道です。自身のスキルも相応に磨きあげる必要があるのは言わずもがなです。 詳しく読む

フリーエンジニアの営業はエージェントにお任せ

フリーエンジニアの場合、苦手な営業は、エージェントに任せるのが一番です。エンジニアとしての本業に専念できる上、精神的にも時間的にも余裕ができます。営業経験も営業スキルもないフリーエンジニアが、交通費その他の営業関連経費をかけて走り回ったところで、残念ながらそう簡単に仕事を獲得できるものではありません。フリーエンジニア専門エージェントなら多種多様な案件を個人では獲得しづらい好条件で揃えています。これを活用しない手はありません。 詳しく読む

このページの先頭へ

Copyright © 2015 ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス All Rights Reserved.