プログラマの収入はどのぐらい?フリーエンジニアの収入ランキング第三位!

ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス

新着記事

特集記事

フリーエンジニアランキング3位:プログラマ

フリーエンジニアランキング3位:プログラマ フリーエンジニアの職種の中でも根強い人気を誇っているのがプログラマーです。習得したプログラミングスキルを思う存分仕事に活かすことができるため、非常にやりがいがあります。会社勤務のプログラマーは自分の年収をある程度計算することができますが、フリーランスになった場合、その収入はクライアントとの協議によって大きく変化します。実際、フリープログラマーの年収は100万円台から1000万円超まで多岐にわたっています。独立後にどのくらい稼げるかは本人の努力次第ということです。少なくとも、年功序列制度が根強く残る企業の中で、ある程度の年齢になるまでじっと待っている必要はなくなります。

LINEで送る
Pocket

見積型

フリーエンジニアにとって最も一般的なタイプのプロジェクトです。クライアントから提示された仕様書に目を通した後、こちら側で費用を決定して見積書を作成し提出します。クライアントがその内容を承諾すれば、晴れて契約成立。データを納品後に見積額を報酬として受け取ることになります。
見積額は、単価×作業時間によって算出されます。同じ時間仕事をするのであれば、単価が高い方が収入も多くなります。しかし、あまりにも単価が高すぎるとクライアントが離れていってしまうのが難点。受注率と報酬を天秤にかけながら、最適な見積額を決定しなければなりません。

時間給型

具体的な業務内容が未決定で見積を取れない場合、先に単位時間当たりの報酬を決定してプロジェクトを開始する場合があります。作品が完成した後、作業に要した時間をもとに最終的な報酬額を算出します。
クライアントにとってみればすぐに仕事に取り掛かってもらえるというメリットがありますし、フリープログラマーにとってもアルバイトのような感覚で仕事ができるため非常にわかりやすいという強みがあります。お互いにとって良い事づくめのプロジェクトタイプですが、その分お互いの信頼関係が重要になります。初対面ではなかなか時間給型の契約を取り付けるのは難しいでしょう。

報酬型

クライアント側から仕様書と同時に報酬額も提示されるタイプのプロジェクトです。「○○円の範囲内で仕事を完了して欲しい」という具合に提案されます。交渉の余地が少ないのが難点ですが、裏を返せばあれこれと悩まずにすぐに仕事に取り掛かれるというメリットがあります。
気をつけなければならないのは、実際の作業が予定工数を大きくオーバーしてしまった場合です。基本的に最初にクライアントが決定した金額から報酬額を変更することができないため、下手をすると働き損になってしまうリスクがあります。万一予定工数を著しくオーバーしてしまった時は、そのことをさりげなくクライアントに伝えてみましょう。サービス精神豊富なフリープログラマーだと認めてもらえれば、以後も良好な関係を続けられるかもしれません。

最近の記事

フリーエンジニアランキング1位:システムコンサルタント

システムコンサルタントという職業をご存知でしょうか。会社員としてこの職業につこうとすると狭き門かもしれません。逆にフリーエンジニアだからこそ稼げる職種とも言えるでしょう。フリーエンジニアの収入を職種別に独断でランキングすると、システムコンサルタントが堂々の1位です。幅広い知識とスキルを要する仕事ですが、信頼を積み重ねることでかなりの高収入を狙えます。また、今後そのニーズが増えることも期待できます。 詳しく読む

フリーエンジニアのための良いエージェントの探し方

フリーエンジニアがエージェント選びに失敗すると、法外な手数料をとられたり、希望と違う案件を押し付けられるなど、痛い目に合うこともあります。どんな業種であっても、悪質な業者は存在するものです。フリーエンジニアにとってエージェント選びはその後のフリーエンジニアライフに大きく影響する重要なポイントです。良いエージェントと危険なエージェントの見分け方を紹介します。ポイントをおさえて慎重に選びましょう。 詳しく読む

フリーエンジニアならレバテックフリーランス

フリーエンジニアにとって、エージェントは豊富な案件数を持ち、親身にサポートしてくれるのがベストです。ここでおすすめする「レバテックフリーランス」は、案件数はもちろん、案件の質も良いものがそろっています。さらに注目したいのは、そのサポート体制です。営業に限らず、フリーエンジニアが苦手とする分野全般において、きめ細やかなサポートをしてくれます。あらゆる面でフリーエンジニアの間で定評を得ているエージェントです。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーエンジニアに資格は必要か

フリーエンジニアでも会社員エンジニアでも、エンジニアになるための資格というものはありません。そういう意味では、フリーエンジニアにとって資格とは「必要不可欠」なものではありません。その一方で、ITエンジニアの資格が多数存在しているのも事実です。エンジニアにとって資格とは、自身のスキルを客観的に証明するために有効なツールとなります。フリーエンジニアが仕事を獲得する上で、資格を持っていることが有利に働くケースは少なくありません。 詳しく読む

フリーエンジニアランキング2位:システムエンジニア

フリーエンジニアの場合も、会社員同様、プログラマよりシステムエンジニアの方が収入は高めです。システムエンジニアという職種を基準に比較すると、会社員よりもフリーエンジニアの方が高い収入となっています。1,000万円の大台も現実味を帯びてぐっと近づいてきます。若いうちに早く高所得者になりたいなら、会社員でいるよりも、フリーのシステムエンジニアになるのが近道です。自身のスキルも相応に磨きあげる必要があるのは言わずもがなです。 詳しく読む

フリーエンジニアの営業はエージェントにお任せ

フリーエンジニアの場合、苦手な営業は、エージェントに任せるのが一番です。エンジニアとしての本業に専念できる上、精神的にも時間的にも余裕ができます。営業経験も営業スキルもないフリーエンジニアが、交通費その他の営業関連経費をかけて走り回ったところで、残念ながらそう簡単に仕事を獲得できるものではありません。フリーエンジニア専門エージェントなら多種多様な案件を個人では獲得しづらい好条件で揃えています。これを活用しない手はありません。 詳しく読む

このページの先頭へ

Copyright © 2015 ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス All Rights Reserved.